BIOGRAPHY

中村ジョー

1970年10月29日生まれ 蠍座 O型。

90年代初頭に結成した「ザ・ハッピーズ」のボーカリストとして音楽活動をスタート。グループサウンズ、昭和歌謡、黒人音楽、70年代フォークロック等に影響を受けたサウンドでファイルレコードで作品を発表後、96年MIDIレコードよりメジャーデビュー。2枚のアルバムを残し1999年解散。

解散後はソロユニット「JOEY」として活動。後期はガレージロックバンドに姿を変えMIDIレコードより2枚のアルバムを発表後2002年解散。

2003年よりアコースティックギターでの弾き語りをメインとしたソロ活動を開始。サポートメンバーを交えた「中村ジョーグループ」名義でのライブ活動も行う。

2006年ROSE RECORDSよりファーストアルバム「Blue Box」、2009年にセカンドアルバム「Sweet Heat」をリリース。2012年5月、福岡史朗をプロデューサーに迎えたサードアルバム「風船と口笛」をリリース。

2014年には原点回帰のガレージソウルでシティッポップな楽曲を演奏する中村ジョー&イーストウッズを結成し、2015年4月、デビューアナログ7吋EPをROSE RECORDSよりリリース。

中村ジョー&イーストウッズ

2014年春、自分のルーツである1960~80年代の音楽をリスペクトした新しいガレージソウルなシティポップを作りたいという中村ジョーの呼びかけにより、ドラムに北山ゆう子、ベースに松木俊郎(Makkin & the new music stuff)、ギターに青芝和行(Backdoor Men)を迎え楽曲制作の為のリハーサルをスタートする。 当初ライブを行う予定は無かったが、バンド感を高める為に4月にU.F.O.CLUBにてライブを敢行。出来たての新曲と小坂忠の「機関車」のカバーを合わせた6曲を演奏する。

その後、鍵盤にWORLD STANDARDや湯川潮音のサポートメンバーも務める藤原マヒトを加えリハーサルを続行。8月に代々木バーバラでのイベントに参加。新曲を含むオリジナル7曲を演奏。

2014年の後半にはコーラス、パーカッションに、数多くのアーティストのサポートを務める“おきょん”こと福田恭子、そしてWack Wack Rhythm Bandのテナーサックス三橋俊哉、トランペット国見智子の2人が参加が決まり、現在の8人編成となる。

バンド名は、70年代アメリカンニューシネマから名付けたいと試行錯誤するもしっくりこず、ニューシネマを代表する俳優/監督クリント・イーストウッドより拝借した。